トイレのカビを除去する方法やカビを発生させない方法を紹介します。

日常生活で欠かすことができないトイレ掃除していますか。

特にジメジメとした湿気の多い時期に、トイレ内の壁にカビが発生します。

カビ菌は空気中のどこでも浮遊しており、条件が揃うとカビが繁殖します。

カビ菌の繁殖条件は、湿度が80%以上で、温度が25~30度の状態といわれています。

トイレのカビを除去する方法や、カビを発生させない方法を紹介します。

壁に付着したカビをお掃除するには、乳酸系のカビ取り剤や、エタノールがお勧めです。

トイレ内にカビ取り剤を吹き付けて、スポンジで強く擦らずに軽く拭き取るようにしましょう。そして、綺麗にトイレのカビ取りを行うことが出来たら、「カビの再発生を予防」するために、『カビ防止剤』を壁に吹きかけて、スポンジや雑巾で軽く拭きましょう。力を入れて拭くと、カビの胞子が飛散してしまいます。

日頃からトイレの窓やドアを開けて換気を行う。

トイレ掃除を習慣にすることで、カビの発生や繁殖を防ぐ効果があります。

ご家族が病気にならない方法は、清潔にすることです。キレイモ 現金払い